カテゴリ:ハムスター( 195 )
|
|
2006年 02月 05日 |
実は、2月2日から大変なことが起きていました。
ゴールデン・ブラックサテン・短毛メスのずーりんが、脱走してしまっていたのです。
気付いたのは3日のハム世話前でした。
台所のある部分から、ガリガリ何かを齧る音が聞こえてくるのですが、
それがどこか特定できません。
すぐにハムケージを確かめてみたら、ずーりんが脱走してしまっているのがわかりました。
2日の夜からです。
しかし台所のどこを探してもずーりんは見つかりませんでした。
ガリガリ齧る音は、システムキッチンの上側、吊り戸棚の向こうから聞こえました。
我が家の間取りは、キッチンと洗面浴室が背中合わせの形になっています。
浴室の天井から屋根裏を覗くことができます。
屋根裏に顔を出すと、がりがり音が一層はっきり聞こえてきました。
どうもずーりんは、洗面所から床下に入り込み、どうにかしてそこから天井裏に登り、
キッチン横の小さな隙間に入り込んでしまったようなのでした。
床下も天井裏も、覗くことはできても、私たちにはとても入り込むことができない広さでした。
キッチン裏のずーりんがいるらしい場所から、キッチンの私のところまで、
直線距離にして5センチか10センチ、
でも、けっして届かない、壁に隔てられた空間でした。
キッチンの吊り戸棚を外せば何とかなるかなと思い、ドライバーでねじを外してみたんですが、
戸棚はびくともしません。

3日の夜は、なんとかずーりんが自力で出てくれることを願って、
床下に餌を置いて、一晩待ちました。
が、願いむなしく、4日の朝にチェックしてみると、ずーりんは帰っているどころか、
床下に置いた餌にも手をつけていませんでした。
自力では出られない隙間に、落ち込んでしまったに違いありません。
4日はとても冷え込みました。、
2日にあげた餌も、ろくに食べずに出て行ったずーりんの、体力と寒さに対する抵抗力が
心配でなりませんでした。
私は少し諦めモードになってしまっていました。
すぐそこなのに、手が届かないところで亡くなってしまうかも知れないずーりんのことを思うと
とても暗い気持ちになりました。
これって事故死なのかな、でも明らかに私の過失だ。
でも、うれしいことに、4日の夜にも元気なガリガリ音が台所から聞こえてきました。
良かった、生きている・・・。
涙が出るほどうれしかった。

それまでに、浴室の屋根裏から何とかならないか、いろいろ試していたのですが、
なんともならず、キッチン側からどうにかするしかないという結論には達していました。
でも私の力では何もできませんでした。
が、たまたまこの週末、単身赴任の夫が帰省しておりました。
夫とたこ太郎が、力をあわせて、キッチンの戸棚の一部を壊して隙間を開け、
ずーりんを助け出してくれたのです。
私一人では、キッチンを壊す決断をすることも、
キッチンを壊す作業をすることも不可能でした。
ずーりんが脱走したのは、私の不注意ですので、
こんな日記は、威張って公開できるものでは、到底ありませんが、
私はこの報告を書けることを本当にうれしく思っています。
ずーりんは、すこし軽くなってましたが、とても元気に戻ってきました。

「まったくもう! みんなが心配したんだよ」
ずーりんに良く言い聞かせましたが、本ハムは聞く耳持たず。
ケージにもどすなり、出せ出せコールを始めてました。
はい、そうです、悪いのは私です、すみません。
ずーりん救出直後、たこ太郎が笑顔でいいました。
「お母さん、FF12買うのに援助よろしくね。」
私はもちろんすぐに返事をしました。「はい、喜んで。」^_^;

今日、ずーりんは新しいケージに引っ越しました。
前のよりは脱走しづらいはずです。
画像は引越し前の今日のずーりんです。
b0011152_22102277.jpg

b0011152_22103454.jpg

[PR]
2006年 02月 02日 |
今日の画像はくまお(ゴールデン・ブラック長毛)です。
もうすぐ1歳8ヶ月、今年の6月には2歳を迎えるじいさんです。
が、若々しさを保っていて、毎日、ハムマンションの4階までよじ登り、
女の子たちに、自分の色男ぶりをアピールしております。(^^)
ただ、どんなにブラッシングしても、毛がぼさぼさなのが、ちょっと・・・。

ここはハムマンション4階、ホプキンス君のケージの上です。
b0011152_841874.jpg

b0011152_8411962.jpg

b0011152_8413320.jpg


オマケ画像。
やっぱりかわいいキトラ♪
b0011152_8432087.jpg

[PR]
2006年 02月 01日 |
久々に、トップ画像を替えてみました。
2月3日は節分なので、豆まきをイメージした画像にしました。
モデルはキトラ。
枡の中に3粒、外に3粒、豆を置いてみたのですが、
撮影が終了した時には、
豆はひとつもなくなってしまっておりました。(ーー;)
ぜーんぶ、キトラの頬袋の中。

使用しなかった画像をこちらに載せてみようと思います。
b0011152_825567.jpg

b0011152_8261072.jpg


これは、ゴールデンの玉三郎。
「豆の臭いがするのに、みつからないなー」
b0011152_8265029.jpg

[PR]
2006年 01月 30日 |
前に載せた画像について、
ごんさんから、キトラが何か言いたそうな顔をしているととコメントいただきました。
まさにその通り!と思います。
キトラはいつもそのような表情をしております。
こんなキトラについつい話しかけてしまう私です。
ちょいとピンボケ画像ですが・・・。
b0011152_8422172.jpg

こちらはくしくし中のキトラ
b0011152_850384.jpg


ずっと画像を載せてませんでしたが、小鈴・小蘭姉妹も元気にしています。
b0011152_8515715.jpg

b0011152_8521041.jpg

こちらは小鈴。
b0011152_852443.jpg

[PR]
2006年 01月 23日 |
さて、今日はドミニクの抜糸の日です。
午後から仕事なので、もう少ししたら家をでます。
しかし、たくさん縫ってもらったはずなのに、
昨夜みたら、糸があんまり残ってないよ。(ーー;)
勝手に抜糸したなー、ドミニク。
傷はくっついてるから、まあ、いいや。
本ハムはとても元気です。

今日の画像は、ゴールデンです。

まずは玉三郎(ノーマルサテン・長毛)。
彼は、手で掴んでも無抵抗。 
身体に力を入れたり、暴れたりすることがないし、
いつも大きなお目目て可愛さを振りまいているので、
いじられ放題。(^^)
本名玉三郎ですが、家族はみんな彼のことを、「たま」と呼んでいます。
b0011152_8363071.jpg


次は、ノーマル・短毛のちゃーこ。
お散歩中に胡桃をあげてみました。
しばらく格闘してましたが、歯がたたなかったようで、
諦めてどこかに去っていきました。^_^;
b0011152_8375826.jpg

[PR]
2006年 01月 21日 |
先週水曜に、臭腺まわりの腫瘍の切除手術をうけた、
キャンベル・ノーマルのドミニク。
ずっと順調でしたが、18日水曜の夜、
手術痕の傷口が少し開いているのを発見!
すぐに病院に行きたかったのですが、
翌木曜は出勤時刻が少し早いため、病院に行くことができず、
20日金曜に病院に行ってまいりました。
こんなとき、病院が遠いと、すぐに対応ができず不便を感じます。
心配した傷口は、表面が開いただけで特に心配は要らず、
また、もう乾いているとのことでした。
そりゃ、2日経っちゃったもんなー。(ーー;)
他に緩んでいた糸を締めなおしてもらい、すぐに診察終了。
ほっとしました。
当初、今週末の抜糸の予定でしたが、もう少し先の方がよいだろうとのことで、
月曜に抜糸となりました。
また、病理検査の結果もわかりました。
腫瘍は臭腺の分泌物が外に出きらず固まったもので、良性の物とのこと。
そして、再発の心配もないとのことでした。
ドミくん、治ってくれてよかったよ。(^^)

今日の画像は、キャンベル・ノーマルサテンのキトラ。
巣箱の上で毛づくろいするのが、なんともかわいいの。
b0011152_11261262.jpg



さて、今度はいか之介が冬眠か・・・。
この時間(現在11時26分です)になっても、起きてこないよ。(;-_-) =3 フゥ
[PR]
2006年 01月 11日 |
今日は、キャンベル・ノーマル・オスのドミニク(1歳1ヶ月)の手術の日。
彼は、臭腺まわりに腫瘍ができていたのです。
病院から予め、11時までに来るように言われていたので、朝10時には家を出るつもりが、何故か仕度に手間取ってしまって、家を出たのは10時15分。
それでも、すいすいと走れて、11時10分前には病院に着きました。
35分で着いたというのは新記録です。

早速診察。
前回の診察時よりも、腫瘍は少し大きくなってしまっていました。
ちょっとリスクが大きくなってしまいましたが、そのまま病院にドミニクを預け、私は帰宅。
夜7時頃に迎えに来るように言われました。
その後、病院からは何の連絡もなし。
何かがあればすぐに連絡がくるはず。
なので、連絡がないのはいい知らせです。

ちょっと早目に、夕方5時40分には家をでました。
空いた1号線を気持ちよく走ってたんですが、清水インター付近で大渋滞。
30分しても40分しても抜け出せません。
無理矢理割り込ませてもらって、車線変更を2回し、遠回りですが別ルートに出ました。
それでも病院に着いたのは、7時10分。
1時間30分もかかってしまいました。
もちろん、遅れる旨の連絡は病院にしておきました。

診察室で再会したドミくんは、とても元気そうでした。
餌をもらったらしく、餌皿に入り込んでお食事中。 頬袋も満タン状態です。(^^)
安心いたしました。
「傷口が開かないように、細かく縫っておきました。」と先生。
勝手に抜糸して、傷口が開くのが今後の一番の心配ですから。
切り取った腫瘍は病理検査にまわされます。
先生の印象では、悪性のものではないみたい。

次は5日後の16日に診察です。
午後から仕事の日なので、頑張って朝早く家を出ようと思っています。

無事に終わって、ほんとによかったよ。

写真は、手術前、7日に撮影したドミニクです。
ピンボケですみません。
b0011152_2384186.jpg
b0011152_23949.jpg

[PR]
2006年 01月 07日 |
明日もあさってもお仕事です。(T_T)
我が家では、曜日ごとにハム当番が決まっていて、
ハム当番からハム世話を始めることになっております。
明日日曜は私がハム当番。ですが、仕事で帰宅が遅くなりそうなので
いか之介と交替してもらい、今日ハム当番をやらせてもらいました。
でも、夕方5時半という時間では、私の担当するゴールデンずはまだねんね中。
お散歩はあとまわしとなりました。
いか之介担当のゴールデンは、早くも出せ出せコールを始めてたんですが・・・。
なので、ドワーフ中心に写真を撮りました。
今日の画像は、キャンベル・オパールサテン・オスのマーカスと、キャンベル・ブラツクパイド・プラチナ・メスの小萩です。
まずは、マーカス。
b0011152_22324691.jpg
b0011152_2233072.jpg


そして、小萩。
b0011152_22332788.jpg
b0011152_22333916.jpg

[PR]
2005年 12月 22日 |
きゃー、(><)
私事ですが、もう出勤時刻が迫っております。
説明文をつけられなくてごめんなさい。
昨日のマーカス(キャンベル・オパールサテン・オス)の様子と、
今朝の富士山です。
b0011152_12392210.jpg
b0011152_12393552.jpg
b0011152_12394588.jpg

b0011152_1240049.jpg


ドミニクの手術は1月11日に決まりました。
土曜に診察に行ってきます。
[PR]
2005年 12月 21日 |
このところ、写真の撮影をサボっていて、日記に載せる写真がありません。^_^;
なので、古い写真を引っ張り出してきました。
このブログの右上で、自己紹介に使っている写真。
2匹のハムが写っていますが、この2匹はキャンベルの兄弟で、ろびび(ブラックパイド・プラチナ)とすもも(パープルパイド・プラチナ)です。
私が大好きな子達でした。
そして、どうやって撮ってもかわいく写るという、素晴らしい特技(?)の持ち主でもありました。
そんな2匹の写真を見てやってください。
かわいいでしょー? (親ばかですみません)

まずは、すもも。
b0011152_11182775.jpg


そして、ろびび
b0011152_1119070.jpg



投薬治療中の、キャンベルノーマルのドミニク。
すこーし、腫れが引いてきている気がします。
薬が効いているんだと、いいな。週末もう一度病院に行きます。
[PR]