ガラちゃんが・・・。
2004年 08月 14日 |
昨夜のハム世話中、ゴールデンのガラの様子がおかしいのを発見。
ぐったりして動く気力もなさそう・・・。
びっくりして抱きかかえると、体が冷たく冷え切ってしまっていました。
お世話が済んでいなかった子たちの世話はいか之介に頼み、
ガラをお腹に抱きかかえて、両手の平に包み込み、
冷え切った身体を温めることにしました。
突然、鼻から血の混じった水分が噴出し、一時硬直、息が止まってしまいました。(T_T)
(本当にびっくりしました)
その後すぐ、なんとか息を吹き返し、私の手にくるまれておとなしくしてくれていました。
30分くらい温めていたのでしょうか、体が温まると少しずつもぞもぞと動き出し、
普通の体温に戻った頃には、もう手から離しても大丈夫のようすになり、
ケースに戻しました。

後からの反省。
ガラのケースはエアコンの送風口の近くにあること。
衣装ケースに、バーベキューの網を蓋代わりにしていたので、ケースに入り込んだ
冷気の逃げ場がなく、ケース全体がすごく冷えてしまうこと。
ガラは巣箱を使わずに野良寝する子なので、冷気から身体を守ることができなかったのだろうということ。

で、ガラのケースはエアコンから離れたところに位置を替え、
使わないけど巣箱も設置しました。
寒い時には自分で入ってくれることを期待して・・・。

写真は先週のガラちゃん。
男の子の床材に使った新聞を盛んにチェックしているところ。
b0011152_15384625.jpg

[PR]