通院・手術
2006年 01月 11日 |
今日は、キャンベル・ノーマル・オスのドミニク(1歳1ヶ月)の手術の日。
彼は、臭腺まわりに腫瘍ができていたのです。
病院から予め、11時までに来るように言われていたので、朝10時には家を出るつもりが、何故か仕度に手間取ってしまって、家を出たのは10時15分。
それでも、すいすいと走れて、11時10分前には病院に着きました。
35分で着いたというのは新記録です。

早速診察。
前回の診察時よりも、腫瘍は少し大きくなってしまっていました。
ちょっとリスクが大きくなってしまいましたが、そのまま病院にドミニクを預け、私は帰宅。
夜7時頃に迎えに来るように言われました。
その後、病院からは何の連絡もなし。
何かがあればすぐに連絡がくるはず。
なので、連絡がないのはいい知らせです。

ちょっと早目に、夕方5時40分には家をでました。
空いた1号線を気持ちよく走ってたんですが、清水インター付近で大渋滞。
30分しても40分しても抜け出せません。
無理矢理割り込ませてもらって、車線変更を2回し、遠回りですが別ルートに出ました。
それでも病院に着いたのは、7時10分。
1時間30分もかかってしまいました。
もちろん、遅れる旨の連絡は病院にしておきました。

診察室で再会したドミくんは、とても元気そうでした。
餌をもらったらしく、餌皿に入り込んでお食事中。 頬袋も満タン状態です。(^^)
安心いたしました。
「傷口が開かないように、細かく縫っておきました。」と先生。
勝手に抜糸して、傷口が開くのが今後の一番の心配ですから。
切り取った腫瘍は病理検査にまわされます。
先生の印象では、悪性のものではないみたい。

次は5日後の16日に診察です。
午後から仕事の日なので、頑張って朝早く家を出ようと思っています。

無事に終わって、ほんとによかったよ。

写真は、手術前、7日に撮影したドミニクです。
ピンボケですみません。
b0011152_2384186.jpg
b0011152_23949.jpg

[PR]