こんな雨の日に・・・。
2005年 07月 01日 |
夕方6時ちょっと前、仕事から帰宅すると、
いつもなら「お帰り」と迎えてくれるいか之介が、
振り返ることもなく、背中を向けてハム世話をしている様子。
開いているのはしいなのケージ。
見ると、しいなはケージに横たわって動かなくなっていました。
いか之介はうつむいて泣いていたのでした。
いか之介が見つけたときには、まだ息があったそうなんですが、
彼の手の中で静かに旅立ったのだそうです。
子ハムが生まれると、場所をあけるように誰かが旅立ってしまう・・・、
そんな我が家のいやなジンクスがまた繰り返されてしまいました。
突然の別れに驚くばかり。
この冬に、病気で病院を転々としていた頃に一度諦めた命でした。
が、いい病院にめぐり合え、大きな手術を乗り越えて、
ここまで頑張ってくれたしいなには感謝の気持ちでいっぱいです。
雨降りの夜に埋葬はあまりに寂しいので、明日の朝お庭に埋めてあげます。

写真は、生後1ヶ月半のしいなです。
b0011152_1072055.jpg

[PR]