ココちゃん、逝く
2004年 09月 15日 |
いかの巣日記の通り、昨日ジャンガリアンのココが亡くなりました。
眠るような穏やかな顔でした。
ココは、我が家で初めて飼ったハムスター、たぁすぅの娘で、兄弟達の中で一番長く生きてくれました。
2002年の4月25日生まれ。
2歳と4ヶ月半の生涯でした。
たぁとすぅの血を残すべく、ココや他の兄弟の繁殖を何度か試みましたがうまくいかず、最後の生き残りのココが旅立った今、彼ら一族の血は絶えてしまいました。(T_T)
ココもいちど、故クーと結婚しましたが死産だったのです。
2.3日前に、ココのウンチがゆるいといか之介から報告がありましたが、こんなに急に逝ってしまうとは思っていませんでした。
いか之介はテーブルに突っ伏して泣きました。
可愛がって本当によく世話をしていました。
ココは今朝いか之介が庭に埋葬しました。

これは7月28日に撮影したココです。
b0011152_18221643.jpg

[PR]